• 羽田から55分 東京からいちばん近い南国 八丈島

  • 21

    悠久の年月をかけて形成された甌穴群

    天然記念物 ポットホールの散策

    ポットホールとは、岩盤を流れる水路にできる穴(くぼみ)のことで、小さな穴に偶然溜まった小石が水流で回転し、長い年月をかけ徐々に穴が大きく深くなったもの。2016年、末吉の森の奥深くにある「ポットホール」は八丈町の天然記念物に認定を受けています。

     

    眼前に広がるポットホールは、何万年もの悠久の年月を重ね、山に降った雨が流れて川になり、やがて流れの中で幾重にも連なった甌穴群が形成されてきました。
    大きなものだと直径や深さが1メートルを超えるホールも点在しており、計り知れない自然の力、偶然の中で生まれた自然の造形美に目を奪われる…。そんな要素が詰まった場所です。 

    • areaGuidePhoto01

      連なる本流の甌穴群

    • areaGuidePhoto02

      苔と落葉と水面の風情

    • areaGuidePhoto03

      ゆっくりと造成中

    areaGuidePhoto04

    木漏れ日が射す晴天日の午前中がお薦め

    苔・落ち葉・自然の水の流れ、何とも言えない心を動かされる風情…。散策には晴れた日の午前中をお薦めしています。

     

    現在は本流とされる沢の1本が、案内板があり遊歩道としても整備されているのみであり、現地ガイドによると、ポットホール本流散策路以外の他の沢は、未整備で危険なため入沢はご遠慮いただいています。

     

    また、ポットホール散策路は登山道の一部になっているため、登山靴もしくは類似の装備が必要。八丈島のポットホールガイド、及び、山岳ガイドの随行をご希望のお客様は、八丈島観光協会でご案内しています。

     

    ポットホール動画紹介:hachijojima, Island of Tokyo 八丈島 | SONY a6300 4K

     

    八丈島のポットホールは、三原山の末吉地区、都道八丈一周道路の登龍峠方面の道路地点標33番近辺に入口案内看板がある。
    タクシー、またはレンタカーを利用にて、都道八丈一周道路より、こん沢林道を時速20km制限で2.6km進む(約15分)。 

    データ

    データ

    ポットホール

    アクセス
    八丈島空港より車で約35分/底土港より車で約30分
    散策所要時間
    30分~1時間程度
    ガイドサービス
    自然ガイド事業者へ事前に要問合せ

    地図

    地図

    PAGE TOP

    PAGE TOP

    ポットホールのガイド