• 羽田から55分 東京からいちばん近い南国 八丈島

  • 01

    伝統的工芸品「黄色」・「樺色」・「黒色」の紡ぐ世界

    黄八丈織物

    黄八丈は、黄色、樺色、黒色の3色を基調とした絹織物です。染料は島内に自生している植物の草木染で、黄色はコブナグサ、樺色はタブノキの樹皮、黒色は椎の木の樹皮と沼浸けで染めていきます。媒染は榊・椿の灰汁(あく)など、アルミナ媒染によって鮮やかな発色が生まれ、独特の雅味と光沢を作り出している。孫の代まで色褪せないといわれる、卓越した染色技術が特徴です。
    織機は昔は地機で織られていましたが、現代では高機により織子が丁寧に力強く織りあげていきます。
    一説には、一疋(二反分)の長さが曲尺で八丈(約24m)に織られていた事が「八丈島」の由来ともいわれています。
    年貢の代わりに貢納布として幕府に納められていた他、江戸時代後期には「恋娘昔八丈」という人形浄瑠璃で黄八丈の衣装が採用され、後に歌舞伎として上演され、爆発的な人気を誇ったと伝えらています。
    現代では、普段着からオシャレ着・訪問着として幅広いニーズに対応し、小物製品などの手軽な土産品も製造されています。

    • areaGuidePhoto01

    • areaGuidePhoto02

    • areaGuidePhoto03

    areaGuidePhoto04

    機織り体験や、着付け体験が女性に人気!

    伝統的工芸品の「黄八丈織物」を、着付け体験したり、実際に機織り体験することもできます。(事前に要予約)
    有料で小敷物が織れる織物体験や、機織りの見学、黄八丈着付け体験など、実際に八丈島まで足を運ぶと身近に触れる機会が持てます。
    事前に予約しておくことで旅の楽しみが増えますね。通年実施しているサービスや、期間限定の体験もあるので、それぞれのお店に確認して。

    PAGE TOP

    PAGE TOP