• 羽田から55分 東京からいちばん近い南国 八丈島

  • 01

    身近な島を代表する郷土料理

    島寿司(Shimazushi)

    「島寿司(Shimazushi)」は、近海で獲れた旬な魚の寿司種を醤油ベースのタレに漬けてヅケにし、シャリはやや甘めの酢飯で握り、ワサビの代わりにカラシを載せてあるのが特徴の郷土料理です。

    元々は、船で沖に出る際などの鮮度を保つ工夫としてヅケにしていたといわれていますが、今では美味しいからヅケにしていただくという食文化が根付いています。

    寿司種には、江戸前寿司ではお目にかかれないトビウオやメダイ、岩海苔なども使われ、また、甘めのシャリにカラシを使うという技がヅケの寿司種とベストマッチ。初めて召し上がった方は、その意外な組み合わせに驚くことでしょう。

    島内の寿司屋や、多数の飲食店でも提供されていて、身近に味わうことができる美味しい郷土料理です。

    • areaGuidePhoto01

      多くの飲食店で提供されている

    • areaGuidePhoto02

      お店により異なる味付けを楽しむ

    • areaGuidePhoto03

      ランチでも気軽に食べられる

    areaGuidePhoto04

    海を渡る島寿司文化

    八丈島で古くから親しまれてきた伝統の「島寿司」は、遠く海を隔てた日本各地へも伝わっています。

    南方は小笠原諸島、西方は大東島の大東寿司も八丈島から伝わったとされています。

    八丈島でも各家庭で、また冠婚葬祭にも欠かせない食事として継承されてきました。

    今では、手軽にスーパーでも販売されており、また八丈島空港内でも寿司折として人気のお土産となっています。

    そして、夜の宴会やお酒のお供にも、ぜひ八丈島の島寿司を味わいたい。

    地図

    地図

    PAGE TOP

    PAGE TOP