八丈島観光協会

八丈島を楽しむ

探る トレッキング・散策
潜る ダイビング・海水浴
釣る フィッシング
訪れる 歴史・伝統文化
触れる 植物・生き物
創る 体験教室・スポーツ施設
温まる 島の温泉
知る エネルギー・農林水産業
癒される 展望スポット・景勝地
食べる 郷土料理・飲食店
贈る お土産・特産品
乗る 島内の交通手段

イベント情報
今日の情報
googleマップ
島ナビ

八丈島観光パンフレット
八丈島観光MAP
Bilingual Map & Guide




※トレッキングの最新情報・山岳ガイドなどのご案内は 八丈島観光協会までお問合せください。





二つの火山が合体してできた島、八丈島。
西には山頂から裾野へと優美な広がりを見せる八丈富士。 東には雄雄しい渓谷に囲まれた三原山。 山々の深く豊かな自然やパワースポットをお楽しみください。

玉石垣
ウォーキングマップ     自然ガイドサービス

八丈富士

標高854mの美しい円錐形をした山。なだらかな山肌には広大な牧場があり、環状道路が整備されている。

○八丈富士山頂
登山口(鉢巻き道路内)へは空港から車で15分程度。そこから1280段の階段を登れば、八丈富士の火口丘(通称:お鉢)にたどり着く。火口丘を1周するのが「お鉢めぐり」。晴れていれば八丈小島や遠く御蔵島まで見えることも。火口内の池やヤマグルマの林を見下ろす眺めも楽しめる。足元に注意が必要な箇所あり。火口内は国立公園特別保護区域として管理されている。お鉢めぐりの火口内に10分ほど降りたところに浅間(せんげん)神社がある。

お鉢めぐり
○鉢巻き道路(ふれあい牧場)
八丈富士七合目にある周回道路。平坦な道で、快適なドライブが楽しめる。道路沿いにある「ふれあい牧場」には、市街地を一望する展望台があるので、ぜひ足を運んでほしい。
「ふれあい牧場」 公衆トイレ・飲料水の自販機あり
ふれあい牧場展望台を望む
○富士縦断林道
空港から鉢巻き道路まで、車を使わず歩いて登りたい人におすすめ。
※荒れた登山道です。
富士縦断林道

三原山

標高700m、10万年以上も前に誕生した山。川や滝が多く、樹木がうっそうと茂る、成熟した自然が魅力。

○三原山頂への登山
八丈町役場を基点に、発電所の横を通って、NTTの中継所までは舗装道路が1時間強続く。その先は登山用の階段や尾根道が続き、カルデラの広がる光景や、眺めのよい場所からは八丈富士方面の展望が楽しめる。
※山頂への登山はいくつかルートがありますが、林道工事の状況により通行可能なルートが異なります。観光協会までお問合せ下さい。

三原山山頂への登山
○大池・小池
三原山頂の南東方面にある池で、かつてのカルデラ湖のなごり。湿地帯となっていて、コケやシダが茂っている。小池は雨の後にだけ現れる。
大池
○唐滝(からたき)・硫黄沼
三原山頂の南側中腹にある唐滝は、常に水が流れている滝としては島内最大で落差36.3m。唐滝への道中にある硫黄沼は室町時代に作られた溜め池で、硫黄分が溶けて緑色になっている。
※硫黄沼から唐滝へ至るルートは、水道タンクの左回りを推奨しています。
(水道タンクの右回りルートは、要ガイドとなります)
唐滝
○大滝
三原山の北側中腹にある大滝は、鳥のさえずりの響く林道を1時間半ほど歩いた後、さらに「沢歩き」と「岩登り」を経てようやく辿り着ける。体力に自信のある人に挑戦してほしい。
※要ガイド 八丈島の山〜 自然ガイドサービスのご案内
大滝
○ポットホール
ポットホールとは、岩の上を流れる水路にできる穴(くぼみ)のことで、小さな穴に溜まった小石が水流で回転し、長い年月をかけ徐々に穴が大きく深くなったものです。八丈島のポットホールは、三原山の末吉地区、こん沢林道を進んだ途中にあります。 現在は本流とされる1本のみ案内板があり遊歩道としても整備されています。散策には晴れた日の午前中がオススメです。
八丈島のポットホール詳細はこちらから
ポットホール

その他の散策コース

市街地付近にも、八丈の自然と触れ合えるポイントがいっぱい。気軽に足を運んでほしい。

○裏見ヶ滝(うらみがたき)散策路
流れ落ちる滝の裏側を歩けるから「裏見」の名がついた滝。滝への道は散策路として整備され、ヘゴシダの茂るジャングルのような景観になっている。距離も短く気軽に歩ける道だが、ぬかるみやすいので滑りにくく汚れてもよい靴でどうぞ。散策路の途中に「為朝神社」があるが、玉石が並んだ急傾斜の階段には気をつけてほしい。

裏見ヶ滝
○ホタル水路
かつて田んぼだった土地に、ホタルが成育できるよう水路を整備したところ。水路沿いの散策路を歩くと、夏場の夕方にホタルを観察できる。近くには和泉親水公園や八幡神社があり、昼間の散策も十分楽しめる。
ホタル水路付近
○黒砂(六日ヶ原(むいかがはら)砂丘 ※危険箇所あり)
三原山の外輪山がかつて噴火した名残で、スコリアの黒い砂で覆われた砂丘。海に向かって急な坂になっている上、坂の先は崖のため、風の強いときはかなり危険。
※「黒砂入口」看板より上は、途中まで舗装されていますが道幅が狭く滑りやすいため危険です。車は「黒砂入口」看板近辺に駐車の上、歩いて坂を上ることをお勧めいたします。
黒砂
○沢の小路
中之郷のえこ・あぐりまーと駐車場からすぐに歩ける散策路。なだらかな道で子どもでも歩きやすい。
沢の小路
○ヘゴの森
太古の自然を思わせる、ヘゴシダの森を歩く散策路。
私有地のため、散策を希望する場合は 「中之郷ヘゴの森倶楽部」(櫻井さん080-1019-2646 / 菊池さん090-5779-7933)に ガイドの申込が必要です(有料)。
○八丈小島
八丈島の西の沖合にある無人島「八丈小島」。 4名様よりガイドツアー(実施除外期間あり)を受付けています。
Project WAVE(プロジェクト・ウェーブ)のご案内はこちらから。

八丈島ウォーキングマップ(PDF)


自然ガイドサービス


ページトップ(最上部)へ▲